メンテナンス

フォークリフトは、労働安全衛生規則第151条の21及び22項により定期的な点検が義務づけられ、コスト面や管理面において車両同様に負担が大きいものになっています。当社では、お客様からの強いご要望にお応えして、フォークリフトメンテナンスリースをご提供しています。

 整備・管理費用のコスト削減が可能です。
 法定月次点検、法定年次検査などの管理業務がなくなります。
 高品質な整備によって安全性が向上します。
 費用の平準化が図れます。
 資産 (車両運搬具) のオフバランス化により、財務指標が向上します。
※ 企業規模や契約条件などによっては、オンバランスとなる場合があります


各車輌は、コンプレッサーや油脂、常備必要とされる各部品その他、色々な工具を搭載した「動く整備工場」とも言えます。依頼されたメンテナンスについては、専門のサービスマンに連絡を取り、一早く現場に向かわせる事が可能です。
万一のトラブルにも、迅速に対応できるベテランの整備士が万全の態勢で、点検、修理いたします。

メンテナンスサービスの詳細は・・・・・
使用状況・使用環境・稼動時間に合わせたメンテナンスをご提案します。
・年次検査整備(労働安全衛生規則第151条の21に定められた点検)
・月例点検整備(労働安全衛生規則第151条の22に定められた点検)
・一般設備(使用中に発生した故障の修理)