フォークリフトのレンタル&リースもお任せ下さい。
 
お客様より「レンタルとリースの違いが解らない?」と良く質問を受けます。レンタルとリースの違いについて解り易く表(下記)にしましたので、ご参考下さい。

レンタル・リース相違表
項 目 レンタル リース(ファイナンスリース) 割 賦(ご参考)
対象物権 レンタル会社の在庫内の物件 ユーザー指定の物件 ユーザー指定の物件
物件の所有権 レンタル会社 リース会社 代金完済時に買主に移転
契約期間 比較的短期 比較的長期 自由設定(通常5年以内)
料 金 一定の料金設定 物件価格×リース利率 リースと同等
中途解約 原則可能 原則不可(違約金発生) 原則不可(繰上げ返済可)
保守・修繕義務 レンタル会社 ユーザー 買 主
瑕庇担保責任 レンタル会社 ユーザー 買 主
危険負担 レンタル会社 ユーザー 買 主
契約期間終了 返 還 返還または再リース 買主に所有権移転

  
レンタル・リースサービスにおけるメリット
レンタル
コストが一定なので、短期間から長期間まで、使いたい必要な期間だけ無駄なく利用する事ができる。
予定していない急な入用の時でも対応できる。
利用目的に応じて、必要な機種を借りることができる。
レンタル会社が万全に点検整備した車輌をすぐ使用できる。
メンテナンス料金(法定検査・月次点検)はレンタル料金に含まれている。
レンタル料は経費で処理できる。
 
リース
多額の購入資金が不要となり、資金の効率的運用ができる。
リース料は経費として損金処理ができるため、使用期間で償却しきることで、節税につながる。
税金の申告、保険料の支払い減価償却などの事務手続きが不要なので、管理業務が大幅に軽減できる。
レンタル会社が万全に点検整備した車輌をすぐ使用できる。
 
メンテナンス付きリース(リースのメリットに付属)
販売店が定期的にメンテナンスを行うので、常に整備された車輌を利用できる。
整備費用を月々一定額に標準化するので、一定の車輌保守管理コストの予算をたてることができる。
※メンテナンス付きリースのメンテナンス内容に付きましては、契約時の条件によって違いが有ります
 ので、ご不明の点などございましたら、弊社担当者までお気軽にご質問下さい。