フォークリフト用タイヤ
フォークリフトに使用されているタイヤは、カウンタータイプフォークリフトとリーチタイプフォークリフトでは、構造に大きな違いがあります。

カウンターフォークリフトタイヤ
① エアータイヤ ・内部はチューブを使用。乗り心地は良い。
・パンクの恐れあり。
・比較的安価で経済的。
② ノーパンクタイヤ ・内部までゴムで製造されているため、乗り心地はあまり良くない。
・パンクの恐れは無い。
・床を汚さないように、白、緑などのカラータイヤがある。
・エアー式タイヤに比べるとかなり高価。
③ 更生タイヤ ・摩耗したタイヤ表面に、新しいタイヤパターンのゴム板を巻き付け
 焼き付けたタイヤ
・エアー式、ノーパンク式どちらも更生可能
・摩耗限度を超えた場合は更生不能
・対摩耗性に劣る
・通常のタイヤに比べて安価
④ エアボスタイヤ ・ノーパンクタイヤだが、側面に空間を設置して衝撃吸収を行うので
 乗り心地は良い。
・耐摩耗性は通常のノーパンクタイヤに比べてかなり良い
・ノーパンクタイヤなのでパンクの恐れは無い。
・カラータイヤの設定有り
・エアー式タイヤに比べるとかなり高価。

リーチフォークリフトタイヤ
リーチフォークリフトは3種類の働きをするタイヤを装着しています。その特徴は以下のとおりです。 
● ドライブタイヤ ドライブモーター下部に装着された駆動輪。
● キャスタータイヤ 乗車位置下部に装着され360度左右旋回する補助輪。
● アシストタイヤ(メーカーによる) ドライブタイヤをはさみキャスタータイヤの反対側に装着。転倒防止補助輪。
● ロードタイヤ リーチアーム先端に装着。積載作業時は、言わばシーソーの支点になるタイヤ。

タイヤ交換風景

材質:ウレタン(右)とゴム(左)

リーチタイプの場合はソリッドと呼ばれるタイヤが使用されます。材質はラバー(ジエン系ゴム製)タイヤと特殊用途などに用いられるウレタンタイヤがあり、役割目的によって、3種類大きさのタイヤが必要になります。
 
材質によるタイヤ比較
① 黒ゴムタイヤ ・内部まで黒ゴムで成型されている
・対振動性は良い
・対摩耗性に劣る
・ウレタンタイヤに比べると安価
② ウレタンタイヤ ・内部までウレタン樹脂で成型されている
・対振動性は良くない
・対摩耗性は良い
・黒ゴムタイヤに比べると高価
③ ホワイトウレタンタイヤ ・内部までホワイトウレタン樹脂で成型されている
・対振動性は良くない
・対摩耗性は良い
・床を汚さない
・黒ゴムタイヤに比べると高価
④ 冷蔵庫仕様タイヤ ・凍結した路面でのスリップ防止のため、ウレタンタイヤに金網を巻き込ん
 で成型
 されている
・通常の路面では使用できません
・通常のウレタンタイヤに比べると高価